【男の妊活】精子の運動率を高め、男性不妊を解消!

精子 運動率

精子の運動率とは?低下の原因は?

 

妊活しているのになかなか子供ができない!とお困りではありませんか?妊娠できない理由は女性だけにあるのではあく、男性に原因が隠れている場合も多いです。精子の量が足りない、精子の勢いがない、元気がないなど、衰えているとなかなか受精できません。

 

精子の運動率が低いと妊娠できない?
「精子の運動率」とは、精液の中の精子がどれだけ運動しているかを指し示した数値です。これは男性不妊の主な原因の一つにもなり、妊娠に必要な最低運動率は32%程度にもなります。しかし年齢が進むにつれ、「最低運動率」の数値は下がってしまうのです!

 

精子運動率が32%以下になると、自然妊娠が難しくなります。ただし運動率が低いといって絶対妊娠不可というわけではありません。また、運動率が40〜50%と高い水準にあっても妊娠できない事だってあるのです。自然妊娠が難しい時には、人工授精や体外受精、顕微授精といった方法で妊娠する事もできるでしょう。

 

年齢と共に劣化していく精子
精子は年齢を重ねると劣化・老化していきます。精子の運動率が下がると数が減ってしまい、奇形精子の割合が増えるなどリスクが出てきます。一般的に35歳を過ぎると精子は劣化しやすくなってしまうのです!

 

生活習慣も関係ある
ただし年齢だけでなく、生活習慣によっても劣化するかしないかは変わってきます。また、日々作られている精子を排出せずにためている事も、精子のクオリティを下げてしまう要因となります。精子の運動率を知るためにも、精液検査を行わなければいけません。

 

不妊治療を受け付けている病院でもできますが、精子運動率以外にも、精子濃度や精液量、精子生存率、精子数を測っていきます。3カ月以内に2回検査を行い、診断制度を上げた上でトータル的に判断するのです。

 

検査にかかる費用
WHOが定めた基準に達しなければ、治療は必須です。コストは2000〜10000円かかりますが、病院によっても様々です。

 

精子の運動率を調べるには?検査の方法や費用など

 

子供を授かりたい夫婦にとって、なかなか赤ちゃんができないのは非常にもどかしいですよね。赤ちゃんがなかなかできない理由はいくつかありますが、その一つの原因は、精子にある場合もあります。精子が健康的な状態かどうかを調べるために、「精液検査」を受ける事も不妊治療の一つです。

 

子供が欲しいなら、「精液検査」を受けてみましょう。といっても、精液検査では何をすればいいのか今一つわからなくて不安…という人も多いでしょう。そこで今回は、精液検査についてご紹介していきます。

 

精液検査って?
一回の射精で得られる精液量と、精液内の精子の状態を調べるための検査です。精子濃度や精子の運動率、ウイルス感染、奇形率の有無などをチェックしていきます。

 

精液検査ってどれくらい費用がかかるの?
精液検査は何となく高そうなイメージがありますよね。検査の内容によって保険適用されるかどうかも違ってきます。運動率や数など基本的な検査項目であれば保険適用され、自己負担額としては一回あたり【300円〜1,000円】くらいでしょう。

 

もしも保険適用外であれば、【5,000円〜30,000円】と、価格は上がってきます。検査内容は病院によっても違ってくるので、事前に問い合わせてみるといいでしょう。

 

検査は複数回行う
男性の精液は毎日精巣内で作られています。そのため、日々の生活習慣やストレスもかなり影響してきます。そのため、日数をおいて複数回検査を行い、その結果を総合的に判断しなければなりません。マスタベーションしてえら得れた精液を、病院から渡された規定の容器の中に入れます。この時コンドームを使うと、内側に塗ってある薬剤が精子に悪影響を与えてしまうので、コンドームは使わずに採取しましょう。

 

精液検査の内容は?
精液採取は、病院で行う方法と家で行う方法の両方あります。家で行う時は、病院に持っていく予定時間から逆算して採取時間を確認しておくといいでしょう。また、容器に入れた精液の保管については、「人肌で温めて持っていく」、「室温で十分」などというのがありますが、自己判断はせずに病院からの指示に従いましょうね。

 

精液検査には精液の採取が必要ですが、女性の多い産婦人科やクリニックで採精をするのは恥ずかしいという男性は結構います。家でも採取でいますが、可能な限り新鮮な状態で検査するためにも、病院で採取した方がいいでしょう。

 

精子の運動率を上げるには?

 

精子の運動率が低いと、妊娠しにくい身体になってきてしまいます。女性の妊活も大切ですが、男性の妊活も大切です。しかも近年、男性でも不妊症の人が増えてきているという実体があります。妊娠しやすい身体作りに努めるためにも、生活習慣に気をつけなければいけないのは女性だけではないのです。

 

それでは、男性は精子の運動率を上げるためにどんな事に気をつけたらいいのかご紹介していきましょう。ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

ストレスをためこまない
疲れやストレスは、男性ホルモンの「テストステロン」の分泌量が低下している事からも、性欲減退や精子数の減少、さらには精子の運動量の低下につながってきてしまいます。

 

バランスの良い食生活
健康的な精子を育てるためには、体内に影響環境を整備しておかなければなりません。バランスの良い食生活を心がけておきましょう。また、肥満は精子のクオリティを下げてしまう可能性が高いです。

 

食生活を見直す
精子の運動率を高めるためにも、普段の食生活を見直してみるのも大事です。例えば「亜鉛」です。亜鉛を豊富に含んでいると言えば、海のミルクと呼ばれるカキです。このような食物を継続的に摂取する事によって、男性不妊は改善していくでしょう。

 

【男性不妊の改善に効果的な栄養素】
・ほたて
・豚レバー
・うなぎ
・納豆
・干ししいたけ
・きな粉

 

適度に運動する
健康をキープするために運動は不可欠であり、男性機能の活性化にも大きくつながるでしょう。そのため、逆に運動不足だと男性機能も衰えてしまい、男性不妊の症状をもたらします。

 

煙草を吸わない
喫煙している男性は、妊娠しやすい身体作りをするためにも煙草を控えましょう。精巣内にはお酒を分解する酵素があり、アルコール分解する時にできる「アセトアルデヒド」という毒性の高い物質が精巣内で増えてしまい、精子をつくる力を低下させてしまいます。

 

精子の運動率を高める栄養成分は?

 

栄養成分の中には、精子の運動率を高めてくれる成分があります。代表例と言えば、亜鉛やアルギニン、セレンなどです。

 

精子量を上げてくれる栄養成分
基本的には次のような栄養成分が、精子の運動率を上げてくれると言われています。

 

・マンガン
・亜鉛
・セレン
・鉄
・ビタミンE

 

精子の運動率アップに欠かせない亜鉛
精子の運動率を上げるのに不可欠と言えば、やはり亜鉛です。体内で酸素の活性化を行ってくれる亜鉛。精子自体を構成する成分にも、亜鉛が多く含まれています。体内で亜鉛不足になってしまうと、健康的な精子が作りにくくなり、精子量減少、性欲減退、勃起不全などが発生しやすくなると言われています。

 

そのため、日常的に欠かしたくない栄養成分ですが、一日に推奨される摂取量と言えば、男性で8ミリグラムです。この量は、なかなか食べ物だけで摂るのは難しいので、サプリメントで補うといいでしょう。

 

【亜鉛をたくさん含む食物】
・豚肉レバー
・牡蠣
・たらばがに
・はまぐり
・たいらがい
・牛肉豚肉レバー
・ほや

 

○セレン
セレンが不足すると精子の運動率も低下しやすくなってしまうと言われています。

 

【セレンの多い食べ物】

 

・かれい
・わかめ
・玄米
・まいわし
・えんどう
・まぐろ
・わかさぎ
・卵黄
・まぐろ
・アーモンド
・かき

 

○アルギニン
アルギニンとは天然のアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌に深く関わっています。アルギニンは精子の主な構成要素なので、不妊体質改善にも役立つでしょう。例えば次のような食物にはアルギニンが豊富に含まれています。

 

・ごま
・ぶたゼラチン
・ラッカセイ
・かつお節
・くるみ
・アーモンド
・海老
・豚ロース
・牛ひき肉
・油あげ

 

精子の質を高めるために注意したいこと

 

最近は男性の不妊症も多いと言われています。もしも妊娠しやすい身体を目指したいのであれば、精子の質を高めるためにも、次の事に注意しておきましょう。

 

・ストレス回避
・定期的に射精です
・睡眠をしっかりとる

 

ストレス発散する
精神的なストレスが増えてしまうと、男性ホルモンの分泌量を減らしてしまい、結果として精子の生産量を減らしてしまいます。会社でのストレスを軽くするのは簡単ではありませんが、普段の生活でストレスを軽くできるように新しい事にチャレンジする、運動して汗を流すなどしてストレス発散していくのがいいでしょう。

 

十分な睡眠をとる
睡眠は十分過ぎるぐらいでもいいので、しっかりとるようにしましょう。特に休日は、少し寝過ぎかなぁと思うくらいちゃんと寝ておくといいです。平日はせわしない日常を送っている人でも、オフの日くらいは何も考えずにひたすらぼーっと過ごしてみるのもいいですね。

 

精子をためこんでいると質が落ちる?
毎日射精していると精子の質が良くなると言われています。精巣内でできる精子は、射精できなければ体内に吸収されてしまい、そのまま古くなって質が落ちてしまう事はありません。しかしオーストラリアの研究によると、毎日の射精で質が上がっていくので、精巣内に精子がたまっている間に活性酵素が発生してしき、その影響で時間がたつごとに精子が劣化してしまうのではないかと推測されています。毎日射精するのが難しくても、3〜4日に一回など、定期的に射精する習慣をつけるといいでしょう。

 

上記からわかるように、どれも基本的な事ばかりで、生活習慣を見直す事が大切だとわかりますね。簡単なことでも案外できていない事が多いので、今一度自分のライフスタイルを振り返ってみてください。